メラノーセの使い方

メラノーセの美白効果を高める使い方とは?

アナタはご存知ですか?

 

美容クリニックでは、美白効果(※1)を高めるために

 

温冷刺激による美白法(※1)が行われているんです。

 

 

温冷刺激とは、肌を温める、肌を冷やす、交互に

 

温冷による刺激を繰り返すことで血管の拡張と収縮

 

を図る美容法なんですね。

 

血管の拡張と収縮により血流量が増えます。

 

すると肌をめぐるリズムが良くなり、ターンオーバーの

 

ケアにつながるのです。

 

 

ターンオーバーのリズムが整うと、メラニンはシミになる前に

 

皮膚表面へと押し上がり、皮膚の外へと排出されます。

 

なので、日焼けによるシミが出来にくくなるんですね。

 

 

実はこの温冷刺激は美肌コンテストの優勝者も実践されている

 

美容法であり、美意識の高い女性の間でも話題なんですね。

 

 

そして、メラノーセでも温冷刺激による方法が可能で、氷を当てた肌に

 

メラノーセを使うことで、さらに美白効果(※1)が高まるので是非お試しください。

 

 

最後に、自宅でも出来る温冷刺激の方法をお伝えしますね。

 

@ホットタオルで5分ほど顔を温めます。

 

A氷をタオルでくるみ、気になるシミの部分に5分ほど当てます。

 

B3回繰り返します。

 

これが、ターンオーバーをケアして日焼けにによるシミを外に

 

排出する美容クリニックでも行われている方法です。

 

 

(※1)メラニンの生成を抑え日焼けによるシミを予防する事