メラノーセの成分

メラノーセに使われている美白成分とは?

 

メラノーセで採用されている美白有効成分は

 

厚生省認定のアルブチンという薬用美白成分です。

 

 

では、このアルブチンは日焼けによるシミに対して

 

どんな作用をするのかというと、

 

メラニンを合成する為に不可欠なチロシナーゼ酵素を阻害

 

してくれるんですね。

 

 

そうすることで、シミの根っことなるメラニンの生成を予防してくれるのです。

 

 

つまり、皮膚は紫外線を浴びると、チロシナーゼという酵素が働き始め

 

メラニンを生成しようとするので、アルブチンでチロシナーゼの活動を抑え込み

 

メラニンの生成を抑えることでシミにならないようにしてくれるんですね。

 

 

ところで、厚生省に認定された美白成分ってたくさんありますよね?

 

ざっくりメラニンの生成を予防して日焼けによるシミを予防する

 

と書かれているケースが多いのですが、美白成分って、

 

各々作用が違うということをご存知ですか?

 

 

例えば、紫外線が肌に当たる所からシミになるメカニズムは始まりますが、

 

美白成分によっては、メラニンが出来る過程において作用が違うんですね。

 

 

例えば、紫外線が肌に当たった時に分泌される情報伝達物質

 

に作用したり、また、アルブチンのようにシミの根に作用する成分だったりと、

 

美白成分によって効果が違うんですね。

 

 

正直、日焼けによるシミになる過程において、全ての解消ポイントを

 

攻めるケアをしたほうがシミの予防には最適です。

 

つまり、ビタミンC誘導体が入った化粧品やカモミラETが入った

 

美白化粧品などを使い、複数の美白成分を肌に乗せたほうが

 

効果的なシミ予防ができるでしょう。

 

 

ですが、アルブチンだけが採用されたメラノーセが

 

なぜこんなにも幅広い年齢層の女性に支持されるのかというと、

 

メラノーセに配合されているアルブチンの濃度が濃いからではないでしょうか?

 

 


>>メラノーセの成分についての詳細はコチラ<<